痛みの少ない親知らずの抜歯|甲賀市水口町の歯医者|貴生川駅前のKENGO DENTAL CLINIC

新型コロナウイルス対策(衛生管理)について

無料駐車場10台完備

駐輪場完備

長持ちにこだわった審美治療

24hネット予約

0748-62-2222

滋賀県甲賀市水口町虫生野1015-7

痛みの少ない親知らずの抜歯

親知らずの抜歯・保存について適切な診断を心がけています

親知らずの抜歯・保存

ケンゴデンタルクリニックでは、できるだけ天然歯を抜かないことをモットーに診療を行っています。それが抜歯される歯の代名詞である親知らずであっても、トラブルの可能性が少ない場合には将来の活用法などを考え、できるだけ温存するように努めています。ご自分の親知らずの状態が心配な方は、ぜひ一度当院にて親知らずの検査をお受けください。

※ただし、親知らずの生え方によっては、滋賀医科大学医学部附属病院、公立甲賀病院にご紹介となります。

抜歯をおすすめする親知らずの状態について

当院では、親知らずであってもむやみに抜歯することはありません。しかし、口腔内環境を著しく悪化させる場合や他の歯に悪影響を及ぼす場合には、抜歯を検討いたします。以下では、抜歯をおすすめする親知らずの状態についてご紹介します。

虫歯や歯周病になっている

虫歯や歯周病

親知らずはお口の一番奥に生えるため、歯磨きがしっかり行えず、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。健康な状態であれば問題はありませんが、一度虫歯や歯周病になると改善が難しく、治療をしても再発する可能性も非常に高いため、周囲の歯に悪影響が及ぶ際には抜歯を検討します。

前方の歯を押している

前方の歯

親知らずが横向きや斜めに生えている場合には、成長に伴い前方の歯を押すようになります。押され続けた歯は少しずつ動き、徐々に歯並びや咬み合わせがずれてしまうため、将来のことを考え、抜歯をおすすめします。

頻繁に炎症を起こす

炎症

歯茎より上に一部しか露出していない親知らずは、隙間などに汚れが溜まり、その場所に細菌が繁殖して炎症が生じやすくなります。親知らず周辺に起こる炎症を智歯周囲炎といい、慢性化すると患部の腫れや痛みをはじめ、発熱や頭痛、開口障害などを引き起こすため、炎症が頻繁に起こる場合には抜歯を検討します。

親知らずの近くに嚢胞がある

嚢胞

レントゲン写真で親知らずの近くに黒い影を発見した場合にも、注意が必要です。レントゲンに写る黒い影は、嚢胞と呼ばれる膿が溜まった袋状の病態です。悪化すると痛みや顎骨の腫れなどが生じる場合があるため、症状によっては嚢胞の摘出と親知らずの抜歯を検討いたします。

親知らずの抜歯に伴う痛みやリスクを抑えるために

やむを得ず親知らずを抜歯することになった場合でも、できるだけ患者さまに負担がかからないよう努めています。以下では抜歯に伴う痛みやリスクの軽減、術後のトラブル防止のため、当院が実施している対策についてご紹介します。

事前の検査を徹底

事前の検査

親知らずの抜歯の際は、親知らずや周辺組織の状態を把握するため、レントゲン撮影を実施いたします。歯根の形状や顎骨との状態を事前に確認することにより、リスクを抑えた親知らずの抜歯に努めています。

痛みに配慮した麻酔注射

麻酔注射

親知らずの抜歯の際には、事前に麻酔注射を施しますので痛みを感じることはほとんどありません。さらに当院では麻酔注射の痛みにも配慮し、表面麻酔の実施や使用する針のサイズにもこだわり、痛みを最小限に抑えるよう心がけています。

痛みの少ない歯科治療ページへ

低侵襲な抜歯処置

低侵襲な抜歯処置

親知らず抜歯後の痛みや腫れの度合いは、抜歯に要した時間の長さに比例すると言われています。そのため当院では、事前のレントゲン写真や診断結果を基にシミュレーションを行い、できるだけスムーズな処置を心がけています。

ドライソケット・感染症対策の実施

ドライソケット・感染症対策

親知らず抜歯後は、ドライソケット(傷口を保護する血餅が生成されなかったり、血餅が剥がれた場合に強い痛みを伴う症状)や細菌の感染に注意しなければなりません。当院では、抗生物質の処方や必要に応じて抜歯した穴に予めコラーゲンを充填するなど、抜歯後のトラブル防止に努めています。

甲賀市水口で痛みやリスクを抑えた親知らずの抜歯をご希望の方へ

痛みやリスクを抑えた親知らずの抜歯

ケンゴデンタルクリニックでは将来の活用法なども考慮し、親知らずの保存・抜歯について適切な診断を実施しています。抜歯となった場合にも、少しでも負担を軽くできるよう、麻酔注射の痛みの緩和をはじめ、スムーズかつ的確な処置を心がけています。甲賀市水口で痛みやリスクを抑えた親知らずの抜歯をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る